キセキ屋について

%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%9A%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99%E2%91%A0_edited.jp

キセキ屋は日本語のフレーズから産み出した名付けです。

喜びの痕跡(よろこびのこんせき)=喜跡=キセキの由来です。
 

キセキ屋のコンセプトは、ひとつの屋根の下で、健康的な食べ物を大切にできる場所を提供することです。​

  

今日、人々は、食品の原産国を選択することから、食品に含まれる栄養素の量まで、より健康に配慮しています。 ITの時代にあって、インターネットからあらゆる豊かな情報を簡単に見つけることができるため、食品生産社は食品の製造方法の透明性を高める必要があり、消費者はそれらの製品が安全で健康的に消費できるという安心感を得ることができます。

「34種類の野菜を1スクープのスープに入れることができるかどうか考えたことはありますか?」

「一杯のスープだけで34種類の野菜栄養が手に入るのかな?」

もしそんな思ったことあったのであれば、キセキ屋へ。

キセキ屋のSouperBowlは34種類の野菜と米麹が一度に摂れる世界初のスープをお届けします。

 

だいたい
SOUPERBOWL

だいたい

MMスープ

 

キセキ屋のSouperBowlシリーズのスープは、日本の株式会社Maazel Corporationから直接輸入しています。日本ではMMスープ(マーゼルマーゼルスープ)と呼ばれ、高島屋、大丸松坂屋、博多阪急、広島三越、下関大丸(関東・九州店もあり)、九州TSUTAYA、ローソン、イオン、ダイシン、広島アンデルセン、アコメヤなどの大手百貨店で販売されています。

 

MMスープには、純日本国産の野菜34種類を独自に配合した「マアゼルペースト」を使用しています。このペーストは、スープだけでなく、ディップソースやドレッシングなど、Maazel Maazelのすべての製品に使用されています。